都立病院の平均年収

東京都には、東京都民に良質な医療サービスを提供することを目的に、8つの都立病院と、7つの東京都保健医療公社が管理する7つの医療機関があり、その全てを「東京都病院経営本部」が統括しています。

都立病院の看護師は、東京都職員(地方公務員)に属し、公立病院の看護師と同じように、安定した収入が得られることが特徴で、福利厚生もしっかりしています。都立病院看護師の具体的な待遇と勤務条件については、東京都病院経営本部のホームページに明記されており、卒後一年目の看護師の場合、基本給・諸手当合わせて25万円程になっています。年収はこれに賞与(ボーナス)を合わせた額ですので、およそ350万円~400万円程になり、新人看護師の年収としては良いほうと言えるでしょう。また、休日や育児中の短時間制度を含む労働時間の整備、院内保育園の完備など働きやすい環境と、しっかりとした福利厚生が都立病院の魅力です。平成22年度に看護師の選考制度の大幅な見直しが行われ、これまでの卒業した看護学校の過程による採用区分をなくし一本化することで、受験制度が簡潔明瞭になり、教養試験、専門試験も廃止されました。加えて、就職受け入れ年齢の上限も引き上げられ、より多くの人が対象となり、求人に応募できるようになりました。

更に、一定期間看護師の仕事から離れていた「ブランクのある看護師」の復帰支援も積極的に行っており、都内の希望する都立病院にて「再就職支援研修」を行っています。これは、実際に都立病院で研修を行うことにより、病院の様子や、職場の雰囲気、そして業務の流れを体験でき、再就職に対する不安を拭い去ることができる、とても有意義な制度です。しかも、再就職支援研修期間中は、東京都の臨時職員として契約するため、賃金も支払われます。

このように、求人の窓口が広くなり、支援も充実し、これまで以上に就職の受け入れ態勢が整った都立病院ですが、その分、都立病院での勤務を希望する看護師さんも多くなっています。新年度の新規採用以外に、各都立病院で欠員が出た場合の補充や、非常勤の看護師の採用も行っていますが、それらの情報の発信は不定期であるため、都立病院での勤務を希望しても、なかなか求人に巡り合わないこともあります。安定した収入で人気があり、求人のタイミングが重要な都立病院での勤務を実現するためには、自分ひとりで情報収集するよりも、都立病院の求人に精通した看護師人材サービスを利用することも、他の人に差をつける作戦のひとつです。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明