専門看護師の年収相場

看護師として最高のスキルを証明する資格ともいえる専門看護師。非常に厳しいハードルをクリアしてはじめて取得できる資格であり、急速な進歩を続けている医療や多様性を増した看護といった現代医療の最前線で活躍できるスキルと知識を身につけた証でもあります。それだけに一般の看護師に比べてさぞかし高収入が得られそう、とのイメージもありますが実際のところは必ずしもそうとはいえない面もあるようです。

実際のところ専門看護師の資格を取得することによって得られる年収アップは年収にして10〜30万円程度。じつに微々たるレベルに留まっています。このアップ幅の大半が資格手当。月に1〜3万円程度支給されるこの手当がそのままアップ額になっているのです。看護師全体の平均年収は約470万円といわれますから、単純計算で平均500万円程度となります。

苦労して資格を取得したのにこの程度の年収アップしか得られないのなら意味がないではないか、と不満に思われる方も多いかも知れません。ただこれはあくまで全体平均の話、専門看護師に関しては資格を高く評価するところとそうでないところがかなりハッキリと分かれる傾向が見られるため、職場によってアップ幅と年収相場に大きな違いが見られます。

そもそも専門看護師はガン治療や新生児の治療など特定の分野において専門的なスキルを備えていることを証明するための資格です。そのためそのスキルを活かせる職場でなければ意味がないことになります。簡単に言えば外来患者をメインに幅広く患者を扱っているクリニックよりも先進医療を取り入れ、細かく診療科が分けられた環境で専門的な治療を行っている総合病院・大学病院の方が高く評価してくれることになります。ですから高く評価する医療機関で働く専門看護師は一般の看護師に比べて年収相場もかなり高い水準となります。

また、この資格は取得したらすぐに年収アップが実現するといったものではなく、責任ある立場を任され、キャリアを重ねていくことによってキャリアアップと昇給の両方に役立つ点に大きな意味があります。ですから資格取得から3年、5年と経過した段階で一般の看護師と比べて年収相場に大きな違いが出てくることが多いのです。専門看護師の資格を取得して3〜5年経過した30代後半の看護師なら年収600万円を超えることも珍しくありません。スキルアップを重視している医療機関なら指導役としての役割を任されることもあるでしょう。資格を取得したらいくら年収がアップするのか、ではなく、看護師としてどんなキャリアを積めるのかを重視して検討していきたいところです。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明