都道府県別にみる看護師の年収!

看護師の賃金には、地域格差があることをご存じですか? 日本看護協会が2012年に看護師の賃金実態を調べるための調査を行いました。これよると、都道府県別の初任給の基本給の平均には、開きがあります。最も基本給が高いのは、神奈川県で、4年制大学卒で21万4,053円、看護3年過程卒で20万8,463円となっています。次に初任給が高いのは埼玉県です。4年制大学卒で21万888円、看護3年過程卒で20万7,693円でした。次いで東京都の4年制大学卒21万4,030円、看護3年過程卒21万4,030円と続きます。

逆に、最も初任給の基本月額が低かったのは、宮崎県です。4年制大学卒が18万7,720円、看護3年過程卒が179,519円となっており、神奈川県と比べると、2万6,000円以上の開きがあります。これを年収に計算し直すと、31万5,000円以上の差が出ることになり、相当な格差があるといえるでしょう。次に基本給が低いのは青森県で、4年制大学卒が19万1,881円、看護3年過程卒が18万3,721円となっています。

求人情報によると、3年の職務経験がある看護師が東京都で夜勤有りの常勤をした場合の年収は、481万3,306円でした。このほか神奈川県が466万766円、埼玉県457万230円、大阪府454万3,304円、愛知県4,515,812円となっています。

基本給が高くても夜勤が少なかったり、サービス残業が多かったりすると、手取りが低くなる場合があります。このため同じ県内であっても、看護師の年収の差は大きくなるでしょう。

しかし少々年収が低くても、働きやすい職場のほうがいいと考える看護師さんも少なくありません。精神的なストレスが強いと、お金は二の次になります。少々収入が低くても、アットホームな分行くで働ける職場を望む人も多くいます。とはいえ、あまりにも収入が低いとモチベーションが上がらず、勤務意欲が湧かなくなるでしょう。転職する際は、自分が望む条件をもう一度確認して、リストアップしてみましょう。それを元に、希望条件に近い求人を探すと、きっと理想に近い職場がみつかるはずです。看護師転職エージェントなら、無料で登録できて、さまざまな条件の求人情報の中から、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。転職した後で後悔しないためにも、転職エージェントでプロの知恵を借りましょう。登録は無料ですから安心して利用できます。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明