看護師の給与体系について

看護師の給与体系について見る前に、平均年収を確認しておくと、500万円ほどとなっています。月収にすると30万強です。これを基準にして、年齢ごとの月収について見ていきます。20代の前半では、月収は27万円ほど、ボーナス込みで年収は400万弱になります。次に30代前半の数字を見ると、30万円代前半に届きます。30代前半で平均値に到達すると考えればいいでしょう。ボーナス込みでも450万円を超えてきます。さらに目安として、年齢が高くなっていき、50代に入ると、月で40万弱、ボーナス込みで550万ほどになってきます。年齢ごとの給料の推移は、段階的に高くなるというわけです。特に早い段階で平均値に届くというのは、働く上で重要なポイントとなります。男女の差も少ないのも、メリットの一つです。

次は役職ごとの給料の平均値を見ていくと、総看護師長となると、月収は50万を超えます。年に換算すると、700万円は軽く超えるでしょう。平均年齢が50歳を超えるのも関係しますが、役職による給料の増加がはっきり表れています。看護師長では年齢は40代半ば、月に40万強で年収は600万を超えます。看護師全体での40代での平均値とくらべても、収入はアップしています。

今度は、年齢や役職、勤務先などの条件がいろいろ変化した場合の目安として、実際に勤務している人の給与体系を見て行きましょう。看護師は復職をする人や社会人経験を経て転職する人も多く、勤務先も多様なので、平均値からは見えない実情がわかります。例えば病棟勤務の正職員の場合、年齢よりも勤務経験年数が給料に大きく影響してきます。1年目は月に30万円弱の給料であり、そこから勤務年数が5年目まで、10年目までで、それぞれ月収は3万円ほど上乗せされています。また、夜勤専従の正職員の方の例を見ると、月収は高めになっています。専従でない方と比べると、月で4万ほど上乗せされています。また、パートという就業形態で夕方からの6時間勤務の方などは、時給制が採用され、時給2000円ほどになっています。

このように、給与体系について年齢ごと、役職ごとの収入例、そして様々な勤務形態による例をみると、看護師の収入は安定的であり、特に勤務年数や年齢を重ねることで着実に上昇していくことがわかります。パートなどでもかなり高い給料が得られるので、実際に就職先を探す場合には、給料よりも労働環境、あるいは職場環境を見て判断していくことをおすすめします。離職や転職をする方が多い看護師ですが、自分にあった勤務先を見つけ、同じ職場で経験を積むほうが着実にステップアップできます。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明