オペ室で働く看護師の年収相場は!?

オペ室で働く看護師は、難しい手術を行う際に外科医の補助をして、機械出しなどをするという重要な役割を果たします。単に補助の仕事というだけでなく、術式やそれぞれの外科医の癖などを覚えて手術がしやすいように働く必要がありますので、とても高いレベルのスキルが求められます。それで、誰でもオペ看として働けるわけではなく、この分野における十分な経験と勉強が求められます。

とはいえ、オペ室で働くからといって、その看護師の基本給が他の業務を行う看護師より高いというわけではありません。一般的な看護師と基本給は変わることなく、年収ベースで見ると480万円程度でしょう。しかし、オペ室で働く看護師には、一般業務にはない手当が付くことになります。この手当の割合が大きいと、実際にもらえる給料がアップしますので、しっかりと稼げることになります。

オペ室で働く看護師がもらえる各種手当の種類として代表的なのが、手術手当もしくは危険手当と呼ばれるものです。この手当の額は、病院によってかなり差が出ます。月に5,000円程度のところもあれば、3万円ほどが支給されることもあります。平均すると15,000円から2万円というところでしょう。この手当の額の差によって月収の違いが出てきますので、求人情報を見る時には手当の実際の支給状況を確認するようにしましょう。

また、夜勤手当もオペ看として働く人には重要な手当です。基本的にたいがいの診療科のオペ看は日勤がベースとなっていますが、手術の予定によっては夜間に実施されることがあります。そうなると、夜勤手当が付くことになります。夜勤手当も病院によってまちまちで一日4,000円から1万円くらいが相場となっています。この差は非常に大きく、緊急手術が多くなると月収に換算すると、何万円もの違いが出てきます。

このように、基本給は一般の看護師と変わらないものの、各種手当が付くことによって収入アップが見込めるのがオペ室で働くことのメリットです。年収相場として見てみると、550万円から750万円までスキルによって幅がありますが、通常勤務の看護師よりも高い収入をもらえることになります。手当の支給レベルによってこの年収がかなり変わってきますので、転職先を決める際には、それぞれの手当がいくら付くのかを事前に確認するようにしましょう。そして、その手当分を加算して合計でいくらくらいの年収となるかを別個に調べることで、満足のいく収入がもらえる職場を選べることになります。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明