老人ホームの看護師年収

看護師の就職先として、介護施設があります。介護は保険制度が始まり、高齢化も今後進んでいくこともあって、人材に対する需要は非常に高くなっています。介護施設といえば介護士が中心となっているイメージがありますが、職場にはいろいろな資格を持った方がいます。介護士、保健師、看護師、社会福祉士といった方です。介護士は介護作業を実際に行い、保健師は健康管理をはじめ、施設を拠点として地域の高齢者の生活面全体でのサポートを行います。社会福祉士は施設の管理者という位置づけ、そして看護師は医療行為を行うことになります。高齢者の方が病気や体調不良になった際、できる限りは施設内で治療を行い、緊急時や病状が重い場合には、病院へ患者を運ぶという形になります。施設内での役割は大きく、替えの効かない存在になります。

介護関係の仕事の中で、老人ホームで働く場合の年収は一般的な看護師より少し低いくらいです。月収では20万円半ばから後半、年収で言えば、300万円半ばから後半ほどになっています。介護士と比べた場合には、手当などがあって高くなっています。特に、施設の経営状態によって収入が変化するので、どこで働くかが給料を左右させるといっていいでしょう。介護関連の仕事をする場合、訪問介護を行う看護師の方がいます。各家庭に訪問し、個別に世話をすることになり、緊急時を除いて夜勤などは基本的にありません。その一方で時間単位の収入は高く、病院での看護職とくらべると体力的には楽であり、年収にしても同程度となっています。つまりは、400万から500万ほどということです。

老人ホームに話を戻すと、収入面では個人経営のところよりも、規模の大きい施設が狙い目です。労働環境なども整っているところを選びましょう。残業、夜勤などがある場合でも、しっかり手当が出て、有給休暇の取得などもしっかりしている場所がおすすめです。介護施設は歴史が浅く、これらの仕事環境の整備について不十分な場所も目立ちますので、このあたりをしっかり確認する必要があります。また、中には都心の一等地にあるリゾートタイプの高齢者施設などもあります。この場合、高収入の方が入居していることもあり、職員の方の年収もかなり期待できます。転職を考えている場合には、まずは事前の情報収集を行い、収入についてもどれくらいを求めているのか、自分の中ではっきりとした額を決めておきましょう。その上で転職エージェントなどを利用すれば、求人先を絞って就職活動ができます。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明