国立病院機構で働く看護師の年収相場

国立病院機構で働く看護師の最大の特徴は準公務員としての待遇で雇用されることです。正式な国家公務員ではないものの、待遇面ではほぼ同じ扱いを受けることになるため、収入面はもちろん就業環境の面でも恵まれたイメージがもたれています。さまざまな面で官民の格差が指摘されているなか、看護師の就職・転職先として国立病院機構が人気を高めているのです。

ただ、準公務員だからといって民間の病院に比べてさぞかし年収相場が高いのだろう、と考えると当てが外れます。実際に比較してみると多くの方がイメージしているほど差がないことがわかります。

国立病院機構で働く看護しの年収相場は約520万円程度といいます。月収にすると約33万円程度。看護師全体の平均年収が470万円程度といいますから50万円ほど高い水準となります。恵まれた環境にあるは間違いありませんが、それほど大きな開きではないことがわかります。

国家公務員に準ずる扱いになるため、給料の計算も国家公務員と同じ形となります基本給に加えてボーナス、さらに各種手当を加えたうえで最終的な年収相場となるわけです。

ただし、だからといって国立病院機構と民間の病院とではそれほど年収相場に違いがない、と考えるのは早計です。民間病院の平均年収に基本給に対して手当が占める割合が高く、とくに夜勤手当が全体の平均を大きく押し上げています。逆に言えば民間病院の平均年収の高さは夜勤や残業が多い厳しい就業環境があってこそ、といえるのです。それに対して国立病院機構で働く看護師は民間に比べて夜勤や残業の回数が少なく、シフトの面では恵まれているといえます。たとえば手当を除いた基本給で比較した場合には年収相場はかなりの開きが出ると考えられています。

また、退職金の比較もしておかなければならないでしょう。勤続年数などによって異なるため具体的な比較はできませんが、退職金の方が給料に比べて国立病院と民間病院の差が開く傾向が見られます。同じ職場で長く働いた場合ほど比較した際に金額に開きがでることになります。

このように、全体的な年収相場に関しては国立病院機構と民間病院の間にそれほど大きな開きはありませんが、その内訳を詳しく検討してみるとさまざまな面で違いや恵まれた面が見えてきます。もちろん、どの国立病院機構もシフトが恵まれているわけではなく、中には厳しい環境での勤務が求められるケースもあるので一概に言うことはできませんが、全般的な傾向としてこうした違いを挙げることは可能でしょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明