看護師の年収の良い診療科目は!?

例外もありますが、基本的にはどの科で働いても看護師の基本給は変わりません。しかし、手当が多くつく診療科に配属されると、手当の少ない診療科に比べて年収が高くなるため、診療科によって年収は異なります。

年収が高い診療科と聞いて、すぐに思い浮かぶのが手術室です。診療報酬が高い大規模なオペを多く行う医療機関では、質の高い看護師を確保するために、給料を高く設定する傾向があります。手術をするたびに支給される手術手当や危険手当、待機手当やオンコール手当など、手術室独特の手当があります。諸手当を合計すると、相当な額の年収になるのが一般的です。その反面、手術室の仕事はハードです。収入の高さに比例して、心身への負担が大きい職場だといえるでしょう。

手術室と同じような理由で年収が高いのが、脳神経外科です。命にかかわる重篤な患者さんが多く、高度な手術が行われす。患者さんの命を守り、希望を持って退院していただけるまでには、リハビリも含めてさまざまな看護が必要となります。特に脳神経外科の専門病院は、経営状態が良好な病院が多いため、看護師の人件費も高く設定しているところが多い傾向があります。緊急手術も多いですから、残業手当が多いのも特徴です。

そして循環器科は基本給が他の看護師よりも高く設定されていることの多い、例外的な診療科です。非常に多忙な診療科で、緊急手術も頻繁に行われています。重篤な患者さんが緊急で運ばれてきますから、的確な判断を下せる知識と高い看護師スキルが求められます。次から次へと追い立てられるように仕事が舞い込みますから、息をつくヒマもなく一日が過ぎていきます。体力のある若い看護師さんにおすすめの職場です。

さらに透析室も、年収が高い職場です。ここでは穿刺などの技術が必要となり、透析手当が加算されます。透析看護認定看護師、透析療法指導師、透析認定士などの専門資格を持っていると、さらに高給が期待できます。透析に通ってくる患者さんは、あらかじめ予約をしていますから、スケジュールが決まっており、残業が少ない、急患がない、夜勤がないというメリットもあります。残業や夜勤がないところでは、残業手当などが少なくなりますが、子育て中の看護師さんなどには魅力的な職場ではないでしょうか。仕事帰りに透析を受けに来る患者さんのために夜中まで開業をしているクリニックも増えており、ライフスタイルに合わせて働くことが可能です。

しかし、全ての病院で上記の診療科の年収が高いわけではありません。病院の経営状態によっては給料がなかなか上がらないところもあります。基本給、手当、賞与などをしっかり比べて応募しましょう。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明