看護師と助産師の年収比較

看護師と助産師、保健師は、ともに「保健師助産師看護師法」というひとつの法律で資格に関すること、仕事内容などが決められているため、この3つを「同じような仕事、仲間」と考える人も少なくないでしょう。保健師の仕事は、看護師とは活躍の場が少し違いましたが、助産師の仕事、そして年収はどうなっているでしょうか?

助産師は、看護師免許取得後、所定の養成所にて教育を受け、国家試験に合格するとその資格が得られます。助産師の仕事は、妊娠や出産に関わり、正常なお産の介助、妊娠に関する知識の普及などが主なものです。活躍の場は、産科のある診療所、病院、そして助産院ですが、近年、少子化が進みお産の数自体が減少しているため、病院で働く助産師は、助産活動以外に、一般看護師と同じ業務を行う機会が増えてきています。つまり、看護師さんと助産師さんは、同じ職場で仕事をするのですね。

報酬に関しては、同じ病院に勤める看護師と助産師では、助産師のほうが資格手当てが多くなります。その額は病院によって違いますが、5,000〜10,000円のところが多いようです。また、その他に、正常な分娩の介助を行うことが認められている保健師には、出産介助1回に付き、所定額の「分娩手当」がつくこともあります。このように、看護師よりも+αが多い助産師の年収は、必然的に同じ病院に勤める看護師よりも高額になります。

そして、看護師さんにはない、助産師さんの大きな特権は「自分で助産院を開業することが認められている」という点です。つまり、独立して自分がオーナーになれるのです。

とは言え、経営者となると、助産師の知識と技術だけではやっていけません。また、社会全体でお産の数そのものが減っているので、安定した収入を得ることも容易ではないでしょう。しかし、女性らしい細やかな気配りと、小規模ゆえにできる工夫を凝らした人気の助産院もあり、資格を活かしてそこで働くという方法もあります。その場合の給与は、助産院の経営者に委ねられますので、平均年収を示すのは難しいようです。

ともあれ、看護師と助産師の年収は、同じ病院に勤務した場合に限って言いますと、助産師の方が上です。しかし、これは資格、仕事内容が違うのですから納得です。看護師と助産師を比べるよりも、看護師は看護師として、助産師は助産師として、自分のキャリアと適正にあった勤務先を選び、それに見合った年収を得ることが大切なのではないでしょうか? 上手な職場探しは、気持ちよく働け、自分の能力が十分に活かせるので、収入アップにもつながると思います。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明