訪問看護ステーションで働く看護師の年収相場

訪問看護ステーションは高齢化の進行もあって需要が急速に伸びている施設です。健康上などの理由で通院が難しい患者に対して定期的に訪問し、診察や治療、看護を行うことで健康状態を把握し、病気や不測の事態を未然に防ぐことができるこのサービスはこれからの高齢者医療において重要な鍵を握っているとも言われています。

それだけに訪問看護ステーションからの看護師の需要も増えているのですが、まだ比較的新しい分野ということもあって年収相場に関しては十分なデータが揃っていないというのが実情です。全体的な相場としては年収400〜500万円という数字もあるのですが、この数字だけで判断するのが難しい複雑な事情もあるのです。

看護師全体の平均年収は約470万円といわれていますから、訪問看護ステーションの400万〜500万円という数字はそれほど悪い数字ではないように思えます。ただし、この数字を判断する場合にはいくつかの留意点を踏まえておく必要があります。まずこの職場では非正規の雇用が多いこと。子育てとの両立を目指す看護師の間で人気が高い職場でもあり、訪問先を移動する間にスタッフの交代がしやすく、子供の送り迎えなどのために途中で抜け出したり、また復帰するといった働き方が可能なのです。しかしその分フルタイムで働く看護師は少なく、非常勤が多くなるため正規職員がメインの病棟勤務に比べると全体の平均が低くなります。先述の年収相場は基本的には正規職員に限定されたものですから、実際にこの職場で働いている看護師全体の年収相場はもっとずっと低くなると考えた方がよいでしょう。

ただだからといって環境が良くないというわけではなく、夜勤がない点も含め就業環境の面ではかなり恵まれた職場と言えます。就業環境と年収のどちらを重視するかで評価が分かれる職場ともいえそうです。

それからキャリアアップの場としてあまり期待できない面も特徴として挙げられます。非正規が多い環境ともかかわってきますが、特定の診療科で経験を積んでいく病棟勤務に比べて昇給・キャリアアップともに経験があまり評価されない傾向が強いのです。ですから年齢を重ねれば重ねるほど病棟勤務と比べて年収相場が低くなっていくことも考えられます。ただ、この点も就業環境が厳しい病棟勤務は離職率が高く、長く働き続けてキャリアを積み重ねていくのが難しい面もあるので一概にどちらがよいとはいえません。

このように、訪問看護ステーションで働く看護師の年収相場を確認する際にはこうした特殊な事情も考慮し、総合的な判断を下すことが重要になってくるでしょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明