看護師と保健師の年収比較

看護師の保健師、ともに医療に従事する仕事ですが、その仕事と年収はどのようにちがうのでしょうか?看護師は、病気や怪我をしている人のお世話をすることが仕事です。一方、看護師免許取得後に、所定の保健師養成課程を修了し、国家試験に受かり資格を得た「保健師」は、主に病気の予防や健康増進のための活動を行いますこのように活躍の場が違う看護師と保健師は、当然、仕事の場も違ってきます。

保健師の勤務先で最も多いのは、保健所や保健センターと言った地方自治体の機関です。自治体で働く保健師は、公務員となりますので、公務員の規定に合わせた給与が支払われます。額については地域差がありますが、医療系の公務員の給与は、事務職の公務員よりも高くなっています。とは言え、看護師の収入には、高額な「夜勤手当」が付きますが、自治体で働く保健師は夜勤がありませんので、20代の看護師の平均年収が350〜400万円なのに対し、20代の自治体保健師の平均年収は300万円となっています。

しかし、最近は、高齢化社会が進んでいるため、保健師の勤務先として「福祉介護施設」が占める割合が大きくなってきており、施設によっては夜勤もあるので、収入も高くなっています。また、夜勤はありませんが、独自の計算方法で給与が良いとされているのが、産業保健師です。産業保健師は、企業が所有する保健室・医務室において、従業員の健康管理を行う仕事で、保健師自身が企業の従業員となります。ですから、給与や昇給も企業の規定により、平均年収400万円〜700万円と、比較的良いところが多いようです。

このように、看護師さんとは違う機関で働いている保健師さんとは、年収比較をしても資格、業務ともに違うので比べにくいですね。しかし、中には「病院保健師」として、看護師さんと一緒に病院で働いている保健師さんもいます。その場合、業務は看護師と全く同じか、健診を行っていたり、地域連携室を設置している病院は、健診活動、健康指導、地域医療との連携など、保健師の資格を活かした仕事を行います。もちろん看護師資格+保健師資格を持っていますから、資格手当ても上乗せされます。

看護師と保健師さんでは、似ているようですが仕事内容、勤務先という大きな違いの他、もうひとつ違いがあります。それは、看護師が就職において「超売り手市場」にあるのに対して、保健師の求人はあまり多くありません。ですが両者に共通しているのは、満足いく職場で、納得の収入が得られる職場を探すことが、快適に長期間勤めるためには不可欠で、それが結果的に更なる収入アップにつながるということです。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明