外資系企業で働く看護師の年収相場

医療の分野でも外資系の進出が目立っています。とくに多いのが治験関連や医療機器メーカー、製薬会社です。後者は外資系がリードしている分野といっても過言ではないでしょう。こうした職場では看護師の需要も高まっており、就職・転職先の重要な選択肢となっています。

外資系企業で働く看護師の年収相場を知るためにはどのような就職・転職先の選択肢があるかを確認しておく必要があります。そもそも職種がまったく違うため、同じ基準で年収相場を比較することができないからです。現在もっとも多いのが治験関連の施設に治験コーディネーターとして勤務するケースです。この仕事の平均年収は370〜500万円程度と言われていますが、キャリアや成果によって大きな差が出るのが特徴となっています。役職について部下を束ねる立場ともなると800万〜1000万円に達することもあるため、病院勤務に比べるとかなり個人差が出てきます。

それからクリニカルスペシャリスト。これは医療機器メーカーで医療関連の機器の販売に携わる仕事です。営業に近い仕事ですが、実際に直接営業を行うのではなく、その製品の特徴や使用方法などを詳しく把握したうえで営業職のサポート役を担うのがおもな役割となります。製品販売と直接関わる仕事だけにやはり成果主義が導入されているケースが多く、年収相場は400〜600万円程度ですが、成果によって個人差が出やすい環境となります。

近年増えているのが産業看護師です。企業内に設置された医務室やメディカルルームといった施設で勤務し、従業員のメンタル面を含めた健康管理を担う仕事です。国内企業でも設置するケースが増えていますが、外資系の方がより導入に積極的です。この職場では給与体系、就業環境ともに従業員と準ずる形となるため、基本的にはその企業の給与水準と同等クラスになります。ですから企業の業種や規模によって年収が異なるため全体の相場を出すのは難しくなります。

他には製薬会社や医療機器メーカーからの問い合わせに対応するメディカルコールセンターの仕事などもあります。成果主義を導入される機会は少なく安定した環境で働ける一方、年収相場は350〜500万円程度とやや低めとなっています。

外資系企業で働く看護師の年収相場はこのように業種、職種、企業ごとの格差が多く、全体的なデータを出すのが難しくなります。それだけにひとつひとつの企業の看護師の給与環境を確認すること、自分がどの程度適応して活躍できるかを想定することが大事になってくるでしょう。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明