大学病院の平均年収

全国には、大規模、小規模合わせて無数の病院があります。また、運営母体も自治体、民間企業、個人など様々です。 その中で「大学病院」の特徴と役割は何でしょうか?

大学病院の特徴は、母体である大学は文部科学省が管轄し、病院は厚生労働省によって管轄されるので、両方の方針、影響が共存している点です。そのため、医療従事者の「研修指定病院」の許可、ならびに総合病院としての高度先進医療を提供する「特定機能病院」の許可を受けており、最新の医療が展開されています。

大学病院の役割には「臨床」、「教育」、「研究」があり、病気や怪我の患者さんの治療はもちろん、医学生、看護学生の教育の場、医学の進歩のための研究の場となっています。 ですから、そこで働く医療従事者にも、高度な医療を提供するのに必要な知識と技術が求められると同時に、後輩の教育指導という役割も与えられます。

では、そのような特徴と役割を持つ大学病院で働く看護師の平均年収はいくら位なのでしょうか?

大学病院の看護師の年収は、大学によって差がありますが、400万円〜600万円と言われています。病院によっては民間の病院より高い所もありますが、全体的には著明な差はそれほどありません。むしろ、最新の医療現場において、高い知識と技術力を求められ、厳しい勤務体制の中での責任の重さや体力的負担を考慮すると、大学病院の看護師の給料は、すごくいいとは言えないかもしれません。

しかし、大学病院は、看護師の教育に力を入れており、新人教育、看護研究、専門・認定看護師資格取得支援など、自己を向上させる制度が整っています。最新の医療の現場で働くことは、精神的にも大変なこともありますが、地域で有数の医療を提供している現場に身を置くことにやりがいと誇りを感じている看護師さんも多いことでしょう。

また、厳しい勤務を少しでも和らげるための努力を大学病院側も常に行っており、看護師寮として、ワンルームマンションを用意したり、24時間受け入れ可能な託児所を完備するなど、働きやすい環境作りにも積極的です。このように、大学病院に勤務する看護師には、給料だけでは判断できない「付加価値」も大きいたくさんあります。質の高い看護が求められる大学病院の看護師ですが、本人のやる気があれば、病院側は万全の教育体制でサポートしてくれるので、かえって教育無しに即戦力として望まれる職場より安心して仕事ができると言えるかもしれません。

そんな大学病院の求人は、新年度採用者については、早い時期から情報が公開されますが、中途採用や、非常勤については、求人情報を得ることが難しい傾向にあります。大学病院は、中途採用については、迅速な求人を行うために、看護師人材サービスに依頼することも多く、個人で情報を収集していては見つからない求人も、人材サービスなら見つかることもよくあります。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明