臨床開発モニターと看護師の年収比較

看護師の就職・転職先として注目されている臨床開発モニター。「就業環境はどうなのか」「年収はどれぐらいなのか」といった興味をもたれている方も多いようです。看護師は厳しい就業環境が原因で離職・転職を余儀なくされるケースが多いだけに、転職先には就業環境をまず求める傾向がある一方、やはり収入も重要です。知名度こそ上昇しているものの、詳しい情報はまだ十分に共有されているとは言いがたい臨床開発モニターですが、年収についてもはっきりとした水準が具体的なデータの形で十分に出揃っていない面もあります。

臨床開発モニターの特徴は就職先や就業環境によって就業環境や収入に大きな差が出やすい点にあります。病院勤務の場合、年齢や経験が同じならよほど夜勤が多いなど就業環境に違いが見られない限り年収に大きな開きは見られませんが、臨床開発モニターの場合にはほぼ同じ環境にも関わらず年収にして数十万円、場合によっては100万円以上の開きが出ることもあります。これはその企業の経営状況などと深く関わってくるためです。

この点を考慮したうえで臨床開発モニターの平均年収を見てみると370万〜600万円程度の範囲となります。経験者か未経験者かによっても金額が異なってきます。看護師の平均年収が約470万円ですから、比較してもそれほど大きな差がないことがわかります。なお、現在の全体的な傾向として外資系の方が平均年収が高めの水準にあります。

ただ、臨床開発モニターと看護師の年収比較においては大きな違いがひとつあります。それは臨床開発モニターは成果主義の面も多く、同じ企業に勤務していても年収に差がつくケースがあることです。この点は先述した外資系にとくに見られるのですが、役職がついた場合では年収1000万円を超えることもあります。看護師の場合、よほど規模の大きな病院で看護部のトップにでも立たない限り年収1000万円を超えるのは難しいでしょう。

また臨床開発モニターの仕事そのものの歴史がまだ新しいため、キャリアを積んだ場合にどれぐらいの収入が得られるのか判断するのが難しい面もあります。看護師の平均年収は勤続10年、20年といったベテランの収入も含めての数字なのに対し、臨床開発モニターは3〜5年程度のキャリアにおける収入がメインとなっています。そのため臨床開発モニターの方が平均が低くなりやすい点も考慮しておくべきでしょう。

両者を比較するとどちらが高いか低いかではなく、その違いがはっきりと見えてきます。転職を検討する際にはこの点を踏まえたうえで自分にとっての年収環境を検討していきましょう。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明