看護師長の年収

看護師の中でも、一番高い役職として看護師長があります。看護職は全体でもサラリーマンの平均年収を超えるほどですので、役職が高ければ収入もかなり高いイメージがあります。一方で、収入に見合っただけの仕事内容とも言えます。そもそも看護職は労働時間が多く、変則的であり、精神的な面での負担も、そして体力的な面での負担も非常に大きいです。それに加えて、現場の職員をまとめる役職ともなれば、さらに仕事は大変になってきます。

看護職について、給与体系を見ると年齢や勤務年数に従って着実に収入がアップしていくことがわかります。離職や転職が多い中、同じ職場で長く勤めることがキャリアアップの基本となります。そして、その先にようやく役職があるというわけです。役職としては看護師長がトップであり、その下に副看護師長、看護部長が続きます。一般的には、部長職などを経て段階的に役職が上がっていきます。ですから、最終的にどれくらいの収入まで目指せるかの目安になるでしょう。看護師長の月収は40万を超え、年収は600万から700万円になります。看護職全体での平均値と比べても、100万から200万ほども高くなっています。ちなみに、高い役職についている方は、平均年齢も高めであり、40代を超えてから役職につく場合が一般的です。

そのほか、大学病院や総合病院、クリニックなどといった勤務先によっても、役職ごとの年収は変わってきます。看護師長クラスだとやはり全体として高めではありますが、大きな職場とそうでないところとでは、数十万ほどの差が出てきます。この辺は労働環境と給料との兼ね合いになります。例えば、現場に看護部がない病院というのもあり、そこでは看護部長が現場の最高責任者となります。トップの役職に辿り着くまでの時間が早いというメリットがあります。また逆に、大学病院などで特に長い間高い役職にいる場合には、年収も1000万円を超す例もあるほどです。

このように、看護師長のような高い役職を目指すにしても、いろいろな道があります。漠然とキャリアアップを考えている方は、まずはどのような方法があるのか、情報収集をすることが第一です。転職エージェントなどではこのような相談についても柔軟に対応してくれます。単純に収入を増やしたいか、あるいは管理職へのあこがれがあるのか、仕事に誇りをもっていて、より責任のあるポジションに就きたいのか、そのような動機を探ることが大切になってきます。過去のキャリアアップの事例なども、エージェントサービスでは保有していますので、情報源として役立ちます。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明



マイナビ看護師申し込みページへ進む

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明



ナース人材バンク申し込みページへ進む

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明



ナースではたらこ申し込みページへ進む