介護施設で働く看護師の年収相場

介護施設で働く看護師の年収相場は病棟勤務に比べてやや低い水準にあるといわれています。ただ、年収相場が低いからといって必ずしも環境面で恵まれていないというわけではなく、就業環境とのバランスを考慮したうえで判断する必要があります。

介護施設だけに限定した平均年収の具体的なデータはありませんが、400万〜470万円程度が全体的な相場です。看護師全体の年収は約470万円が平均といわれていますから、全体平均と同レベルかやや低めの水準となります。この水準を病棟勤務と比較する場合には収入の具体的な内訳を確認しておくことがまず大事です。

最大のポイントは手当の存在です。病棟勤務の看護師の年収には手当、とりわけ夜勤手当が大きな意味を持っています。夜勤1回で2万円以上の日給を得ることができるため、月に4回も担当すればかなりの金額になるわけです。逆に言えば夜勤が少ない職場や日勤のみの環境で働く場合には年収相場が全体平均よりも低くなります。手当に関しては夜勤だけでなく超過勤務手当や休日出勤に関わる手当も同様です。

介護施設の場合、夜勤がある施設とそうでないところがあります。入所型の施設では夜勤を担当するケースがある一方、通所型の施設では原則としてありません。また、介護施設の場合、夜勤担当の主役はあくまで介護職ですから、入所型の施設でも看護師が夜勤を担当しない、もしくは回数が少ないケースも少なくありません。この夜勤があるかどうかでも介護施設で働く看護師の年収相場が変わってきます。一般的に夜勤がある施設に対してない施設は年収にして50万円くらい低い水準となります。

それから施設による年収相場の違いもポイントです。高齢化の進行によってさまざまなタイプの介護施設が増えてきました。特別養護老人ホームや介護老人保健施設といった介護保険が適用される施設のほか、民間が運営する介護サービスつきの有料老人ホームも増加しています。看護師の場合、後者からの需要が増えている状況で、施設ごとの給料相場はもちろん、求められる業務内容にも違いが出てくるのが特徴です。手厚いサービスと充実した住環境が用意されている施設では看護師も質の高いサービスが求められるため、採用のハードルが高くなる一方給料も高くなります。ですから介護施設への転職を目指す場合には先述した介護施設全般の年収相場をそのまま受け止めるのではなく、自分がどの施設でどんな仕事をしたいのかを考慮したうえでひとつひとつの求人情報をチェックしていく必要があるのです。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明