アメリカの看護師平均年収

日本の深刻な看護師不足の背景には、仕事量と比べて報酬が少ないことがあります。 確かに、同年代の平均年収と比べると高い額の報酬を得ている看護師ですが、果たしてそれが重い責任、24時間体制で働くなくてはいけない勤務体制、病気を感染する危険などと照らし合わせた時に、十分な額と言えるでしょうか?また、医師と比較し、看護師は、給与面はもちろん、社会的地位も低いように感じられます。

高齢化社会が進むと共に、人々の健康に対する関心も高まり、看護師の需要はますます増え、不景気の中でも失業の心配のない看護師を目指して看護学校に入る人は少なくありません。にもかかわらず、勤務体制の不備、仕事量に見合わぬ報酬、社会的地位の低さから、せっかく資格をとっても、離職してしまう人がとても多いのが、日本の看護師の現状です。 そんななか囁かれるのが「看護師としてアメリカで働くと、今より倍以上給料がもらえるうえに、仕事は楽で、社会的地位も高い。」というお話です。 人権が尊重される自由の国・アメリカでなら、そのような話もありそうですが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

アメリカの看護師の勤務の実情を見てみると、確かに日本よりも社会的地位は高く、看護師の権限も大きいようです。 日本では、看護師は医師の指示無しに医療行為を行うことは認められていませんが、アメリカでは看護師の判断だけで行える医療行為が多くあります。 業務に関しても「分業」が進んでいるので、無理のない量の仕事が与えられ、日本のように慌しく働いている印象は受けません。 また、医師と看護師の関係も対等で、看護師は医師に対し自分の意見をハッキリ主張できます。

しかし、忘れてはいけないのは「責任の重さ」です。行動範囲が広がれば広がるほど責任の重さも増します。特に訴訟の多いアメリカでは、日本では考えられないようなケースでも看護師の責任を問われ、裁判に持ち込まれることがよくあります。

また、年収に関しては、アメリカの労働者の平均年収が36,000ドルなのに対し、看護師は58,000ドルと20,000ドル多い結果が出ていますが、これを日本円(1ドル=100円)に直すと580万円となり、日本の30代の看護師の平均年収500万円とそれほど大きな違いがないことがわかります。 アメリカでも日本と同じように看護師不足が深刻で、近年、安い賃金で労働する「外国人看護師」の導入が進んでおり、なんとアメリカで働く看護師の3分の1が外国人看護師であるという統計がでています。 この賃金の安い外国人看護師の出現が更にアメリカ人看護師の給与の増加を阻んでおり、アメリカにおいても看護師の20%近くが、資格を有していながらも働いていないという調査報告も出されています。

もちろん、アメリカにおいて、厚待遇で、日本以上に働きやすく、やりがいを感じる職場も多くありますが、決して全ての医療機関がそうとは言い切れません。良いところもあれば、悪いところもあります。同じように、日本で看護師として働く場合も、良いところもあれば悪いところもあります。いろんな環境、いろんな働き方ができる看護師さんの仕事。その資格を活かして「良いところ」で働きたいものですね。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明