年収600万円以上の看護師求人を見つける!

同年代の女性と比べ、収入が高い看護師の仕事ですが、年収600万円を手にすることは可能でしょうか?年収600万円と言えば、働き盛りと言われる男性の40代後半の平均年収630万円に近い値です。40代看護師の平均年収がおよそ530万円とされていますから、それよりも多い値になります。

年齢に伴う昇給を待てば、民間、公立、国立病院ともに、50代になれば年収600万円を越えてきますが、もっと若い頃から年収600万円を得ることも不可能ではありません。まず、20代後半から、30代にかけて、主任以上の役職がついている看護師さんの平均年収は600万円以上と言われています。また、手術手当や、危険手当など、諸手当の多い部署に配置されれば、基本給に上乗せされる金額が多くなります。「手当」の中でも、特に高額が支給されるは「夜勤」です。ですから、夜勤専門看護師として働けば、年収600万円も夢ではありません。

探せば意外とある年収600万円以上の求人は、「探し方」がとても大切です。看護師の仕事を探す際、それぞれがいろいろな「条件」を持ち、それに対する優先度があると思います。それは「看護感」であったり、「通勤の便」であったり様々です。その中で「年収600万円以上」を最優先条件とするならば、最初から年収で絞り込んでいくのがよいでしょう。

しかし、超売り手市場で膨大な数の看護師の求人のなかから、どうやって「年収600万円以上の医療機関」の情報を探し出せばよいのでしょう?あまりに年収にこだわりすぎると、入職してから職場の雰囲気の悪さに気がついたり、残業の多さに根をあげてしまった…という入職後のトラブルも無きにしも非ずです。こんな時に、活用すると便利なのが、看護師転職サポートサービスです。このサービスを使えば、たくさんの求人の中から、希望年収で絞り込み検索を行うことも簡単です。

また専任のコンサルタントは、求人の出された病院に関する情報も豊富で、職場の様子、実際の残業や、勉強会の回数など、求人票には記載されていない情報を提供してくれ、転職を徹底的にサポートしてくれます。

例え、あなたがまだ若くて、600万円の年収を得るために十分なスキルを持ち合わせていないとしても、今この段階で何をすればよいか、どこに就職すれば、年収600万円を早期実現することができるのかを指導してもらうことも可能です逆に、求人票に書かれた給与は年収600万円に満たなくても、あなたに十分なスキルがあると判断した場合は、サポート会社が、あなたに変わって月給、及び年収の交渉にあたり「年収600万円」を可能する手助けを行ってくれます。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明