40代看護師の平均年収

20代、30代と年収が上がってきた看護師ですが、40代の平均年収は530〜550万円と、これまでと比べて変化が小さくなっています。これは、看護師の収入がよい理由として挙げられる、夜勤手当、手術手当などの「諸手当」が、年齢によってあまり差がないことが要因のひとつです。つまり、20代の経験の少ない看護師さんも、40代のベテラン看護師さんも、月々の手当てはほとんど変わりがないのです。加えて、40代になると、主任、看護部長という役職に就き、600万円以上の年収を手にする看護師さんもいますが、全体数を考えると、病棟看護師20~30人に対し、主任、看護部長はそれぞれ1人ずつですから、役職があり、収入が高いのは、ごく一部の看護師さんと言えるでしょう。ですから、平均すると、40代看護師の平均年収は、30代と比べてわずかに上がる程度のようです。

ここで興味深いのは、同年代の女性の平均年収が約280万円程となっており、20代、30代よりも若干下がっていることです。これは、40代という時期が、家庭においては子供の進学や、親の高齢化など、新しい局面と対峙する時期であると同時に、体力的にも以前のように働くのが難しくなる時期でもあり、その結果が収入に表われていると言えます。そんな中、平均収入が同年代の女性より200万円程高く、少ないながらも収入が上がってる看護師の仕事は、安定していると言えるでしょう。

家庭の事情で、正職員としてフルタイム勤務ができない看護師さんでも、パート看護師の時給は1500円以上の医療機関が多く、一般的な仕事の自給が1000円以下なのに対し、高水準です。

看護師さんの仕事は、20代、30代、40代を通して、同年代の女性よりも年収は良いことが「データから」わかりました。しかし、もちろん、この金額は、勤務先によって異なります。実際にはこれだけの金額がもらえていない人もたくさんいることでしょう。「看護師の給料が良いなんて嘘!」という人や、「本当に自分のキャリアに合った年収がもらえているのか?」と疑問を持つ人、「この勤務条件ならこの金額で妥協しなくてはいけないのか。。。」と諦めている人もいると思います。

そんな人は一度、ご自分の年収が適正かどうか、調べてみてはどうでしょうか?「看護師の仕事はやりがいがあり、お金で判断できるものではない。」たしかにそうかもしれません。しかし、人の命を預かり、精神的、体力的にも負担の大きな仕事には、それに見合った報酬が支払われることにより、やりがいは更に大きくなり、仕事、プライベイトの両面が充実すると思います。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明


ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明


ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明