30代看護師の平均年収

同年代の女性だけでなく、男性よりも高かった20代看護師の平均年収。では、30代ではどうでしょうか。30代看護師の平均年収は、約500万円程で、20代よりも100万円高くなっています。

これは、看護師としてキャリアを積み、基本給が上がったこと、専門看護師や認定看護師など、看護のエキスパートとしての資格を取得し、活躍の場が広がると同時に資格手当てが上乗せされたことなど、「経験と実績」が給与面に反映されていることが要因のひとつです。同年代の女性の平均年収が290万円と、20代後半からあまり上がっていないのと比べると、看護師の仕事はやはり収入が高く、キャリアを積み、年々収入を増やしていくことができる仕事と言えるでしょう。

しかし、その一方で、30代はライフスタイルの変化に伴い、「看護師としての働き方」に、個々の違いが表われる時期でもあります。

その代表的なものが「結婚・出産・子育て」です。特に小さい子供のいる看護師さんは、子育てを優先したり、働きたくても子供の面倒をみてくれる人がおらず、これまでのように3交替制の勤務を続けることが難しくなり、夜勤のない病院への転職、あるいはパート看護師として働く人が少なくありません。結果、それが給与に反映され、20代より年収が少なくなる場合が多々あります。

しかし、これは「優先度」や「価値観」の違いによるものですから、一概に収入だけでその良し悪しを判断できるものではありません。30代は、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方があり、大切なのは、その中で、いかによい条件で働くかということです。

20代の看護師が、仕事、収入の面において「成長する時期」であるならば、30代看護師は「変化の時期」と言えるかもしれません。 その変化をよい方に変えることができる「仕事探し」をすることが、自分自身のライフスタイルを守りながら、現在、そして将来的にもよい収入を得る秘訣です。

例えば、子供と一緒にいる時間を大切にしたいから、収入は二の次で、勤務時間が融通の利く仕事をしたいと思う人、自分の資格や経験を無駄にしてはもったいないですよ。看護師不足の今、勤務時間に融通が利き、なおかつ収入のよい医療機関がもたくさんあります。

これまでのように3交替で働きたいけれど、夜間子供を預けれる所がなく、昼間の仕事にしようと思っている人、あきらめないでください。 現在、3交替制を取っている病院の中には、24時間子供を預けることができる託児所完備の所が増えてきています。しかも、子供が病気の時も預けられる「病時保育」や、育児休暇制度を積極的に取り入れ、小さなお子さんを持つ看護師さんが働きやすい環境が整っている病院もあります。このような病院で働けば、子育てとキャリアアップ、そして収入アップの3つを実現しながら長く働くことができますね。

生き方や、働き方に変化が訪れる30代看護師が、自分らしく、そして収入も増やしながら仕事をするには、「勤務先選び」がとても重要になります。 そのためには、より多くの情報の中から、あなたに合った職場を探すことが大切ですが、実際、忙しい日々の中ではなかなか難しいかもしれません。そんな時は、多くの仕事を選びをサポートしてきたプロのコンサルタントの力を借りるのも一考かもしれません。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


  • 第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明



ナース人材バンク申し込みページへ進む

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明