20代看護師の平均年収

看護師の仕事と言うと、一般的に「体力的、精神的にもキツイ仕事である一方、収入がよい」というイメージが浸透しています。人の命を預かり、24時間、365日体制で働く看護師の仕事が、体力的、精神的にキツイ仕事であるのは確かです。では、「収入がよい」に関してはどうでしょうか?

他のどのような仕事でもそうですが、収入と言うのは、「年齢」や「経験年数」、「役職」によって随分変わってきます。また、年齢によるライフスタイルの変化も、「働き方」を左右しますので、それら全てをまとめて平均値を出しても、それは実態を伴わない数字になってきます。より現実味を帯びた数字を出すためには、「年代別の平均年収」を見るのがよいでしょう。

それではまず、20代の看護師の平均年収を見てみましょう。看護師にとって20代は、年収の変化が大きい時期です。なぜなら、看護学校を出て、看護師資格を取得したばかりの新人看護師から、数年の経験を積み仕事が起動に乗ってきた看護師、そして、早い人なら20代で「主任」という役職に就く人もいます。つまり20代は、看護師として最も飛躍的に成長する時期で、収入もそれに伴い変化します。

具体的な数字を挙げますと、20代の看護師の平均年収は350万円〜400万円となっています。同じ年代の女性の平均年収が230万円〜290万円と言われていますから、100万円以上の差があります。20代前半の男性の平均年収が269万円、後半で366万円ですから、同年代の男性と比べてみても、看護師の平均年収は多いことがわかります。

確かに、「平均年収」だけみると、「看護師の収入はいい。」は正しいと言えるでしょう。では、どうして看護師の年収は、同年代の他の職種と比べてこれほどよいのでしょうか?それは、年収ではなく、月々の給与の内訳をよく見ると、看護師の収入がいい理由がわかってきます。

20代看護師の給与明細を詳しく見ると、基本給は、一般的な仕事と比べてそれほど高くない額になっています。例えば、新卒看護師の場合、基本給は20万円程で、大卒の初任給とほぼ同じです。しかし、夜勤手当、危険手当、役職手当など、諸手当を含めた「総支給額」は、30万円以上に膨れ上がっています。これはどういうことか?つまり、看護師の給与が高いのは、「手当て」によるものが大きいと言うことです。 特に「夜勤手当」は、月に6万円以上付くこともあり、給与の20%以上を占めます。逆に、夜勤のない病院では、手当てが付かないので、当然、給与は安くなり、結果、一般的な仕事と年収がそれほど変わらないこともあります。

看護師の年収は、夜勤のある病院か?仕事内容は何か?など、勤務条件により、大きく差が出てくる仕事であるとも言えます。

※現在の年収や待遇で不満があって、転職を考えている看護師の方には転職エージェントのご利用をオススメします!!看護師転職エージェントはあなたの年収UPを目指した転職をサポートしてくれます。給料や待遇についてなど言いづらいような交渉事を代行してくれるサービスもあります。登録は無料なので、ぜひ下記のランキングをご参考にしてエージェントをお選びください。

看護師転職人気エージェントランキングはコチラ!!

ナースではたらこ

ナースではたらこの詳細説明


  • 第2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細説明



ナース人材バンク申し込みページへ進む

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細説明